【リゾ婚】水の教会で結婚式 打ち合わせやドレス試着は?星野リゾートトマムで宿泊?前撮りは?

婚活を始めて9ヶ月で結婚した話

結婚式は海外リゾートを考えていたけど、コロナ禍で外国へは行けないため、国内リゾート婚を選ぶ夫婦が増えているそうです。

2020年にアプリ婚した私たちももれなく当てはまり、結婚式をしない選択もありながら、家族のみで国内で旅行も兼ねてしたいね、ということになりました。

私が建築家安藤忠雄のファンであったので、式場選びは安藤忠雄建築から選ばせてもらいました。

その中で、北海道トマムの水の教会を私も夫も段違いで気に入ったため、申し込みをしました。

今回は、水の教会で挙式をしたい方のために、申し込み手順や教会との打ち合わせ方、当日までの流れをお伝えします。

水の教会挙式について、詳しい話を聞くには?

トマム?星野リゾート?水の教会?どんなところだろう?と興味を持ったら、まずは公式サイトを確認しましょう。結婚式をしたい人向け専用のページがあります。

挙式する方のみの特典がある場合は、この公式サイトで公開されます。

公式サイトには、「資料請求」ボタンや「全国のサロン予約」ボタンがあります。

一般的には、結婚式の打ち合わせは式場にて行われるフェアに下見も兼ねて参加し、イメージを膨らますことが多いと思いますが、水の教会はリゾート地のため現地に打ち合わせや下見に行くことができる人は少数派なのではと思います。

その問題を解決するため、水の教会と星野リゾートトマムのことを熟知した専門のプランナーがいるサロンを全国に配置し、全国の新郎新婦が水の教会についていつでも気軽に話を聞くことができるようにされています。

まずは自分の住んでいるエリアのサロンを探し、説明会の予約をとることがはじめの一歩になります。

予約の仕方は、先ほどの公式サイトからでも可能ですが、もっとお得な予約の仕方があります。

それは、結婚情報サイトを経由して予約することです。

結婚情報サイトとは、ゼクシィやマイナビウェディング、ハナユメなどです。

なぜ結婚情報サイトを経由したらお得なのかというと、サイト独自のキャンペーンを常時実施しているからです。

具体的には、マイナビウェディングに会員登録し、サロン見学の予約をするだけで6,000円のギフト券がもらえることがあります。

成約特典がもらえることももちろんありますが、予約しフェアに行くだけでギフト券がもらえるので、利用しない手はありませんよね。

サイトによってキャンペーンが異なるので、事前に条件などをよく確認してから申し込みましょう。今の内容のキャンペーンは期間限定ですので、是非サイト経由でサロンを予約し、ギフト券をもらって結婚準備資金に充ててください(^^)!

サロンのプランナーからの話だけで決められるの?

結婚情報サイトから予約が完了したけど、専門のプランナーとは言え、口頭の説明だけで式場を決めるのはなぁ…

たしかに、その通りです。

しかし、実際に見なければ決められない!という方はハナから見に行けるところで挙式をすると思うので、リゾート婚はあまり検討していないかもしれません。

とはいえ、不安があるのはわかります。私たち夫婦もそうでした。

しかし、私たちはプランナーさんの話だけから即水の教会の仮予約をとりました。

私たちは関西のサロンへ行ったのですが、このサロンのプランナーさんは安藤忠雄と水の教会が大好きで、北海道をとても愛する方だったのでどんな質問にも答えてくれたこと、式場の紹介が上手くまるで物語を聴いているかのように魅力的に感じたこと、何より式場の写真を見れば見るほど素敵だなぁ、行ってみたいなぁと思ったことが、即予約に繋がった理由でした。

プランナーさんは実際に式場に行き、勉強し、流れも把握しているので紹介の際は良い点のみでなく、悪い点もしっかり伝えてくれました。

また、水の教会は基本的に当日予約特典がないので、今日予約しても明日以降予約しても見積もり金額に違いはありません(人数や挙式の日時などで変わることはあります)。サロンに行って申込みを迫られることなく、家に帰って検討することができるのも良いところだと思います。ただし、予約の空き状況は日々変わるため、人気の日取りや時間を狙っている場合や、この日しかない!という場合は早めに申込みをすることをお勧めします。

水の教会で挙式するとして、ドレスの試着はどこでするの?

水の教会では、ドレスは基本的には提携衣装店でレンタルすることしかできません。ですから、手持ちのドレスを絶対に着たい場合などは、契約前に必ず教会へ相談しましょう。契約後に持ち込みをお願いするのは、契約違反です。

提携衣装店は全国にあり、教会まで衣装を発送&返却してくれます。

新郎新婦がすることは、

①最寄りの提携衣装店の来店予約をとる

②試着&見積もり確認&決定

以上2点です。費用は挙式費用に合計され、教会へまとめて支払うため、提携店への直接の支払いはありません。

ここで重要なのは、①提携店だからと言ってサクサク決めてしまわないこと、②譲れない予算がある場合はしっかり決めて、ブレない強い気持ちを持つことです。

具体的にご説明します。

まず、①についてですが、提携店が近くに複数ある場合は必ず全て回り、ドレスや価格を比較しましょう。

理由は、お店によって置いてあるドレスが全然違うためお気に入りの1着を妥協せず決められること、予算がある場合は比較することでなるべく値段を抑えてレンタルできること、さらに提携店に相見積もりをとっていることを伝え交渉をするとオプション等のサービスをしてくれるかもしれない、ということです。

実際に、私は2店舗訪問し、試着させてもらいましたが、値段やドレスに甲乙付けられなかったので悩んでいる旨を担当さんにお伝えしたところ、片方の店舗で小物類のレンタルを無料にしていただけるというご提案をいただいたので、そちらでレンタルしました。

②についてですが、予算がある場合は必ず伝え、予算内のものを紹介してもらうようにしましょう。お金を出せば出すほどゴージャスなドレスになり、予算内のドレスが地味に見えてきてしまいます。

着たいドレスより予算が重要、という方は、初めから予算外のドレスは見ないようにすることをオススメします。

さらに付け加えると、試着は最低2回は行いましょう。2回目の試着で、前回貸し出されていたドレスが返却されていることがあるからです。

挙式当日までの打ち合わせは?

現地へ下見を兼ねて訪れるのが一番良いのはわかっていますが、トマムまではなかなか行くことができない、という人が多いのではないかと思います。

じゃぁどうやって打ち合わせをするのかといいますと、専用サイトと電話とメールです

予約金を振り込むと、専用サイトの案内が送られてきます。

専用サイトでは、挙式までのカウントダウンの他、何をしないといけないかのチェックリスト、オプションの申込みなどができます。

水の教会では、担当プランナーが付くのは3ヶ月前からだそうです。それまでに尋ねたいことがあれば、専用サイトのQ&Aまたは教会の電話口に出た方に質問します。

3ヶ月前頃に、担当プランナーと電話で時間をとってしっかり打ち合わせを行います。

この頃までに専用サイトでの「コーディネート」を仮確定しておく必要があります。「コーディネート」とは、参列者人数やオプション希望の有無、会場装花や食事内容の選択などです。仮確定後も変更はきくので、あくまで打ち合わせの土台という位置付けです。

水の教会の方との打ち合わせにおいて、注意してほしいのはこちらから聞かないと教会から案内が来ることはまずない、ということです。例えば新郎新婦の衣装の試着、列席者の衣装レンタルの方法や具体的なセット内容などは、専用サイトには掲載がないにもかかわらず、教会からの連絡もありません。自分たちで、専用サイトのチェックリストを見ながら提携衣装店に予約をとり、尋ねるしかありません。尋ねてわかったことは、新郎新婦の衣装は提携店でレンタルし、列席者の衣装(親の和服)は教会からレンタルする、ということでした。提携店で列席者の衣装もレンタルしたい場合は、専用サイトでのオプション申込みはせず、提携店で手配することになるそうです。結婚式がはじめての私には説明がないとわからない事実でした。

このように、こちらから尋ねたことには丁寧に回答してくれるので、質問疑問や不安な点は遠慮なくどんどん投げて解決していきましょう。同じことを何回聞いても良いので、不安をなくして当日を迎えましょう。

星野リゾートで宿泊?特典あり

水の教会で挙式を行う場合、前日または当日、あるいは両日を近接の星野リゾートトマムで宿泊する方が多いです。(もちろんそれ以上の連泊も可能です)

星野リゾートトマムは、ザ・タワーとリゾナーレに分かれています。

ザ・タワーが全室スタンダード、リゾナーレが全室スイートです。

建物自体が離れているため、レストランなどの共有スペースも異なります。

婚礼者は、特典として特別優待価格でホテルに宿泊できます。予約方法は、婚礼者専用の「家族旅コンシュルジュデスク」へこちらから連絡します。

優待価格は毎年年始に確定するようですが、2021年春頃の婚礼者優待価格は、星野リゾートトマムの公式サイトで一般の方へ販売されている特別価格と同じでした。

ただし、一般向け特別価格は予約後キャンセルや変更が一切出来ないのに比べ、婚礼者優待では20日前までは自由に変更できます。一方、婚礼者優待では銀行振込のみですが、公式サイトではクレジット支払いが可能です。

婚礼者一行といえども、どちらで予約しても大丈夫ですので都合のいい方を選びましょう。

前撮りはどうするの?

結婚式の当日は何かとバタバタするので、別日程で事前にゆっくり衣装を着て保存用の写真を撮ることを前撮りと言います。

水の教会では、遠方から訪れる方が多いので前撮りしたくてもなかなか難しいですよね。

そこで、挙式の翌日に「ロケーションフォト」というオプションをつけることができます。

トマムのエリア内での撮影か、近郊(富良野など)のその時見頃の観光地での撮影が選べます。

メイクや着付け、移動込みでおよそ半日のオプションプランです。

ドレスは挙式と同じものを着用しても良いですし、ロケーションフォト用に借りても良いです。

同じ衣装を着用する場合、一回のレンタル料で挙式とフォト撮影が行えるので、コスパがいいかな、と思います(^^)

ロケーションフォトでは水の教会での撮影はできない!?と心配になるかもしれませんが、挙式の前(参列者が入場する前)に、水の教会で撮影は行えますので安心してください。ちなみに、挙式後、会食までの間に参列者と手持ちのカメラで撮影する時間も少しあります。

以上、水の教会、星野リゾートトマムで挙式をするための申込みや流れを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

次回以降、挙式費用やオプションの料金、当日の流れなどを紹介する記事を書きますので、お待ち頂けたらと思います。質問等ありましたらコメントしていただけると、わかる範囲でお答えいたします(^^)

水の教会、星野リゾートトマムで挙式を考えている方の参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました