無人宅配ロッカーPUDOが簡単で便利すぎる!

お得と聞いたので

ネットショッピングなどで購入したものの、「日中は仕事で荷物が受け取れない」、「対面で受け取るのは防犯上嫌だな…」「何度も配達してもらうの悪いな…」と思ったことはありませんか?

そういうときに便利なサービスが「PUDOステーション」です。

最初PUDOができたとき、こんなの待ってた!!と胸が高鳴りました。

無人?何か難しそう…と感じるかもしれませんが、思っているより操作は簡単で、慣れると1分くらい、初めてでも3分かからず発送・受け取りともに完了できると思います。

私は日中受け取れない期間が続く際などは荷物の受け取りをPUDOに設定し、会社帰りに受け取るようにしています。また、メルカリなどのフリマアプリでの発送も、PUDOだとコンビニより楽なんです!

今回はPUDOでのメルカリ便発送をレビューしていきたいと思います!

PUDOって何?

まずは簡単にPUDOについて紹介します。

PUDOとは、「プドー」と読み、Packcity Japan(パックシティジャパン)が運営する24時間荷物の発送・受け取りが出来る宅配ロッカーのことです。

クロネコヤマト、佐川急便、日本郵便など主要な宅配サービスと連携しています。また、メルカリやラクマなどのフリマアプリで発送の際も特別な会員登録なしで利用することができます。

PUDOのメリット3つ

メリットはたくさんあるのですが、3つ挙げるとすると以下の通りです。

①24時間365日荷物を発送・受け取り出来る(配達時間が終わっている深夜、早朝もOK!)

②Webでの事前操作によるので対面でのやり取り一切なし(一人で完結!)

③対面で発送・受け取りするより時間短縮(初めてでも3分以内でできる!)

PUDOのデメリット3つ

多少のデメリットはあります。3つ挙げるとすると以下の通りです。

❶受け取り場所にPUDOを指定するには、ヤマト、佐川などそれぞれの宅配業者への会員登録が必要(最初だけめんどくさい。引っ越しした場合は要変更)

❷宅配ロッカーが通勤路中や家の近所になければわざわざ取りに行く手間がかかる

❸対応サイズは120サイズまで(ロッカーに入らないものは発送・受け取りともに不可!)

❹受け取りには期限がある(期限を過ぎると回収されてしまうかも!)

4つになってしましいました。m(__)m

メルカリ便を発送してみた

それではメルカリ便を発送してみます。通勤途中にあるPUDOステーションへ。いつもより5分家を早く出ればOK。

わかりやすい佇まい!

画面上にでてくる案内に従って操作するだけです。

ここまですると、宅配ボックスが開きます。

今回は漫画7冊が売れましたので、しっかり梱包しました。サイズは60サイズです。

GO!!!!!!

ロッカーの蓋を閉めると、最終確認の案内が出て「OK」と出たら操作完了です。

控えはありませんが、メルカリなら発送状況がアプリの取引画面で確認できるので問題ありません。

PUDOを利用する際の注意点

最後に、過去10回以上メルカリでの発送や荷物受け取りをしてきた私が思う、注意点をお伝えします。

 発送・受け取りともにロッカーに空きがあるからできる

当然ですが、ロッカーに空きがなければ受け取りや発送ができません。

受け取り時は、配達の人がロッカーに入れたらメール等で連絡が来るので問題はありませんが、発送時は空き状況がわからないためPUDOステーションへ行ったもののロッカーの空きがない可能性があります。

私は今のところ経験はありませんが、今後利用者が増えてくるとそういうタイミングがあるかもしれません。そういう時は時間を空けて行くか、発送方法を変更しましょう。

2個以上あるときは間違えないようにロッカーに入れる

PUDOに限らず、2個以上同時に発送するときは発送先がテレコにならないよう注意をしなければなりません。

コンビニや営業所で発送する場合、送り状を一度貼ってもすぐ気づけば貼りなおすことができます。しかし、PUDOの場合、ロッカーの蓋を閉めると二度と開けることはできません。宅配業者に連絡をするか、Packcity Japanに連絡をするか、業者の人が回収に来るのを待ち、事情を説明し納得させるか…(どうやって発送人であることを証明するのかわかりませんが…)

便利かと思ったら余計な手間がかかった、ということにならないよう、2個以上同時に発送する際は、いつもより少し慎重になりましょう。

以上、慣れると非常に便利なサービス、PUDOステーションを使ってみたレビューでした。

フリマアプリの取引やインターネットショッピングでの荷物の受け取りを、もっとラクにお手軽にしてより便利に快適に生活していきましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました